ヨガは アーサナ(ポーズ)で身体を整えることだけが目的ではなく
それは ヨガの一部にすぎず

本来は「幸せに生きる」ことが目的の「教え」なのです。

 

人間が本来持っている肉体や精神の質や能力を高めていくこと。

 

アーサナで身体を整えるのも大事。

そしてそのベースにある「ヤマ、ニヤマ」を理解、実践していくことがとても大事なのです。

 

この↓ 8支則はヨガの経典といわれている
パタンジャリの「ヨーガスートラ」にある ヨガの根底にある教えです。
Eight Limbs/八支則
(Eight=Ashta, Limbs=Anga) (ヨガジェネレーションより抜粋)

 

1、Yama(ヤマ):他人や物に対して守るべき行動。道徳的基本。
Ahimsa(アヒムサ) 非暴力。肉体的暴力だけでなく、精神的、言葉の暴力なども振るわない。
Satya(サティヤ)誠実であること。嘘をつかない、正直になる。
Asteya(アステーヤ)盗まない。”他者から盗まない”だけでなく”必要以上の物を取らない”
Brahmacharya(ブラーマチャリヤ) 欲望に溺れない。精神的、肉体的な全ての快楽を求めない。
Aparigraha(アパリグラハ) 物質欲にとらわれない、貪欲に物に執着しない。

2、Niyama(ニヤマ): 自分に対して守るべき行動。精神的に守ること。
Shaucha (シャウチャ) 自分自身の内側と外側(体と心)を常に清潔に保つ。
Santosha(サントーシャ) 必要以上の贅沢をしない。満足感を感じる。
Tapas(タパス) 鍛錬すること。精神修行。
Swadhyaya(スワディヤーヤ) 経典や自分自身に対する学びを深め、精神向上を行う。
Ishvarapranidhana(イシュワラプラニダーナ) 感謝の念、献身的な気持ちをもつ。神への祈念。

3、Asana(アサナ): ヨガのポーズ。アサナと共に意識を体の内側に向けていく。瞑想への準備。
4、Pranayama(プラナヤマ): 呼吸と体、心を繋げることに意識を向けていく。
意識的な呼吸を行うことにより自身に活力を与える。
5、Pratyahara(プラティヤハラ): 感覚の制御。外からの注意を五感から引き離し安定した精神状態を保つ。
6、Dharana(ダラナ):集中。完全な自分自身の意識の安定、一点に留め動かさない。
7、Dhyana(ディヤナ):瞑想状態。対象物に集中することもなく、深い静かな精神でいられる状態。
8、Samadi(サマディ):深い瞑想と融合しておこる悟りの境地 。至福の喜び。

 

 

Yama は やってはいけないこと  Niyama は やるべきこと。

 

実は ヤマ、ニヤマを理解しないことには ヨガは始まりません。

だから 1番目 2番目に書いてあるのですね。

 

ぱっと見 当たり前のことだけれども それが できているか?と問われると

うぅ~ん。。。

皆様どうですか??

 

次回から このヤマ、ニヤマを もう少し掘り下げてみたいと思います。