私は趣味で山に登ります。

そこで出会う 元気な人生の先輩方!!

みなさん にこにこと明るくとても楽しそうでキラキラと輝いています。
それはただ「好きなことを楽しんでいる」からだけでなく
登山という行為そのものが日常の生活で疲れた私たちの心と身体に癒しと活力を与えてくれるからです。

情報過多な都会の喧騒を離れ
花や木々や土の匂い 川のせせらぎや風の音 鳥のさえずり 太陽の暖かさ。。。

五感をめいっぱい使って 清々しさを味わいながら
自分のペースで 一歩一歩 歩みを進める。

登ったり降りたり、場所によってはバランスをとったりする行為は 脚だけでなく腹筋や背筋をも使いまさに全身運動。
筋力をUPさせ 代謝をあげ 冷えを解消し内面から改善されていきます。

そして歩み続けた先にある目指す場所に着いたときの達成感。 一期一会の自然の美しさ。

「登山」は知らず知らずのうちに 心のストレスを解消し健康な身体へと導いてくれるのです。

そんな「山大好き!!」な私は
山へ行かないときの 体づくり と思ってヨガをはじめました。

 

もともと運動が嫌いでインドア派だったので
山へ登る為の体力をつけることはもちろん

身体がカチカチに硬かったので
柔軟性を高めることで怪我をしにくくなるのでは と思いました。

バランス力が高くなれば 転びにくくなるかな と思いました。

呼吸法を学べば より楽に山へ登れるのかな? とも思いました。

 

当時 いろいろ心に抱えていたストレスも
ヨガで解消できるかな? とも考えました。

 

始めた当初は思うように動かない身体がもどかしくポーズも何一つ満足にできず
なによりも自分自身の身体のことを自分自身が知らないことがショックでした。

 

ショックでしたが レッスンが終わった後の穏やかな気持ち、スッキリした感じは
なんだか小さな山を登り終えたような全身が癒しと活力に満ちた感覚で、
すっかりヨガにはまってしまい
毎日毎日教室へ通いつめ まる1日ヨガ漬けな日をすごしていました。

気づくと 足先に触れることすらできなかった前屈が地面に手のひらがつけるまでになり
身体柔らかいね!なんていわれるまでになったのです。
さらに 一番効果を感じたのは 心でした。
すぐに緊張し不安になり、落ち着きがなかった心は ストレスを感じにくくなり
すごく楽に毎日を楽しめるようになったのです。

こうして
「山大好き!」だった私は「山とヨガが大好き!」になったのでした。

 

登山はとっても おすすめですが
さすがにそこまではできないわ!。。。という方もいるかもしれません。

でも いつまでもイキイキと若々しくいたいなぁという思いは一緒だと思います。

 

それには
「ある程度の負荷のある運動」と「ある程度の柔軟性を保つ」ことが とても大事です!!

 

動けなくなってから慌てて運動しだしても遅いのです。

気づいた今からの積み重ねがとても大事です。

 

べつに腹筋を割らなくてもいいんです。
180度の開脚ができなくてもいいんです。

 

日常を無理なく快適に過ごすための 筋力と柔軟性を維持しましょう!(年をとっても!!)

身体が健康ならば

心も健康になりますよ!

 

 

そんな思いで 日々のレッスンを行っています。